役者としてのスタートラインに立つ

3カ月で結果を出す映画監督による短期集中・少数精鋭のワークショップ

※LINEから応募可能です。

● SEVEN FILMアクターズプロジェクト

audition

-Input & Output-

映画「U-31(2016)」「リュウセイ(2014)」で注目のSEVEN FILMが、プライオリティアクターズプロジェクトを開始。 『一生涯付き合える役者をみつける』をテーマに映画監督「谷 健二」をはじめとする映画関係者が直接指導を行い役者としての基盤をつくり、映画・ドラマ・舞台など即現場で起用できる人材を育成・発信していくことが目的だ。 オーディション合格後は、短期集中・少数精鋭で役者の現場に必要なことに特化したワークショップを開催し、さらには映画およびドラマ、舞台への出演も考慮。プライオリティアクター(A)に関してはワークショップ参加費を完全無料としている。また、本プロジェクトでは大手プロダクション各社との提携を予定しており、現場で培ったスキルを発揮できる様、次なるステージへと役者を誘うプロダクション紹介制度を設けている。『演じることに興味がある』ではなく、『演じるを仕事にする』という覚悟をもった方は是非ご応募を。SEVEN FILMでは「一生涯付き合える役者」となる仲間を求めている。

● 映画予告編

● 月刊オーディション掲載

kiji

● 募集要項

募集要項

● オーディション応募

Seven Film アクターズプロジェクトに参加し演じることを仕事にする気持ちのある方は是非ご応募ください。私たちは一生涯付き合える仲間を求めています。

※LINEから応募可能です。
お友だち登録すると応募に必要な情報が送られます。

● 監督プロフィール

tani001

大学でデザインを専攻後、映画の世界を夢見て上京。多数の自主制作映画に携る。広告代理店勤務の後、2013年『リュウセイ』で長編デビュー。
新宿バルト9をはじめ全国で上映、第28回高崎映画祭などにも招待。2本目となる『U-31』は、第8回沖縄国際映画祭でワールドプレミア上映。
<受賞歴>
・黒澤明記念ショートフィルム・コンペティション2008ノミネート作品
・横濱HAPPY MUS!C映画祭2012音楽映像作品 優秀作品
・日本芸術センター第2回映像グランプリ 脚本賞
・第6回山形国際ムービーフェスティバル2010入選
・CON-CANムービーフェスティバル入選
・TBS DigiCon6 国内最終作品
・第3回 伊勢崎映画祭 伊勢崎市長賞受賞
・第28回高崎映画祭 若手監督たちの招待作品
・第8回沖縄国際映画祭 特別招待作品

SEVEN FILMアクターズプロジェクト
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-1-17ヴィラ千草202
Web.https://seven-film.amebaownd.com/